回避率と回避値の話(5)

今日は日中チャンネル別のメンテナンスが入っていました.

そのせいかどうか,やたらと接続が切れる日でした.3時間もINしたのに,ガガのクエ(スポーツドリンクを凍らす奴)が一回も成功しませんでした.つまり,30分以上続けてINできなかったってことです.ひどいなぁもう.

ま,現在メイプル高校(?)が休校しておりますので,このメンテが終われば高校も再開かと期待しております^^

頑張れ,根倶損のSEさん.

さて.

測定してから一週間も放置してしまいました.今回は実測データを踏まえての話になります.

 

◆測定条件

 

【測定キャラ】

測定キャラ

  • キャラ名:太郎宗光
  • 職業:ハヤト
  • Lv71
  • 回避値:160

素っ裸の回避値は153ですが,測定時には装備で調整して160にしました(今から思えば無意味な調整でしたorz).

 

【測定場所】

 

ニハル砂漠.

  1. スナウサギ(♀):Lv67,命中123
  2. ジュニアカツス:Lv70,命中123
  3. プリルド:Lv72,命中64
  4. マフラープリルド:Lv77,命中64

※命中は,MapleStoryDropさんのデータを使用

まあ,お馴染みのモンスターですが,SSがあると記事の見栄えが上がるので,SS貼ってみますw

スナウサギ(♀) ジュニアカツス

プリルド マフラープリルド

 

【測定方法】

 

  • 一つの敵に対して,100回接触し,回避に成功した割合をカウントする.これを3回繰り返し,回避率を計算する.
  • これを四つの敵に対して繰り返す.

回避成功割合のカウントは,次の方法で行いました.

  1. 敵を追いかけて接触し,接触時にSSを撮像する.
  2. SS撮像失敗も予想されるため,連続110回分の接触を撮像する.
    ※撮像時にHDDがガリガリやってると,ワンテンポ遅れての撮像になり,その時には被ダメ/MISSの字が消えて判定不可になる.
  3. 集計は撮像順にSSを確認し,回避成功/失敗をカウントする.判断不能なものがあれば,そのSSは破棄する.
  4. 100枚の集計が終わった時点で,残りのSSは破棄する.

 

◆測定結果

 

回避した割合 平均値% 標準偏差
一回目% 二回目% 三回目%
スナウサギ(♀) 18 16 19 17.7 1.5
ジュニアカツス 10 22 26 16.0 6.0
プリルド 10 14 15 13.0 2.6
マフラープリルド 4 3 4 3.7 0.6

 

百回程度の測定ですから,予想通り激しくばらついております.理論上の標準偏差が4程度だということを思い出すと,ジュニアカツスのデータはあまり信用ならんということになります.これは測定しなおしても良いのかもしれませんが,面倒くさいのでこのまま進めます.

平均の回避率は軒並み20%を下回っております.特に,マフラープリルドの3.7が際立っております.

 

◆考察

 

【回避率は20%以下?】

 

まず,回避率が20%を超えなかった問題です.

次郎の予想では,

回避率 = (回避値から算出する回避率) + スキル補正

でした.

太郎の場合,スキル補正がハヤトのゼロ次スキル(天賦の才)で,回避率+20%があります.回避値からどのように回避率を算出するのかが明らかではないので,その値も不明ですが,少なくとも(次郎の予想が正しければ)スキル補正の+20%より下回ることは考えられません.

ところが,スナウサギ(♀),ジュニアカツスの場合でも回避率は20%には及びませんでした.ただ,回避値160程度では,「回避値から算出する回避率」はいいとこ数%かもしれませんので,サンプル数を増やした精密な測定を行えば,また違った結果になる可能性も残してはおります.

 

【レベル補正あり?】

 

マフラープリルド相手の回避率が著しく低い問題ですが,これを「サンプル数が少ない故のバラツキ」と断定するには無理があります.

回避率測定1 図:回避率の測定1

 

このグラフをどう見るか,という判断の話になりますが,だいたい下図の赤線と捉えるのがまあ妥当な判断かとは思います.しかし,次郎は青線だろうと考えています.

回避率測定1-1 図:回避率の測定1-1

このグラフだけ見ると,青線はちょいと無理があるっぽいですけど,ハヤトがLv71であることを考えると,「格上狩りには,レベル差ペナルティが入る」という仕様は,メイポの場合,全然無理じゃありません.というか,

その方がありがち

です.まあ,ジュニアカツスのデータがもう少し高精度であったらなぁとは思いますが,1ポイントの測定数が100回×3なので,ある意味これが限界なのかもしれません.

 

視点を変えて見ましょう.横軸を敵のレベルではなく,敵の命中率でプロットしてみます.

回避率測定2 図:回避率測定2

プロットの方式を変えただけで,データは同じです.

敵の命中率が回避値にどのような影響を与えるかは不明ですが,

レベルの高い敵はだいたい命中率も高い

という現実からして,敵の命中率が高いと,その回避は困難になると考えられます(つまり,回避率が下がる).つまり,下図でいうと,赤線のような傾向になることが期待されます.が,実際は青線のような傾向でした.

回避率測定2-1 図:回避率測定2-1

敵の命中が二倍になったところで,回避率が二倍になるかどうかも(現時点では)怪しいので,「命中が60でも120でも回避率にはあまり影響がない」という可能性も,当然あるわけですが,それにしても,思いっきり右肩上がりになっているのが現実です.

ここから考えられるのは,

  1. 敵の命中率が回避率に与える影響は不明だが,もっと決定的に影響を与える要因がある.

とういことです.

その要因とは?今のところ,条件が変わっているのは敵のレベルしかありません.そして,格上狩りの場合に極端に回避率が低下しているの現実から考えると,命中率が格上狩りで1レベ差あたり-2%のペナルティを喰らうように,回避率も同程度のペナルティを喰らっているのではないか?と考えられます.

ここを明らかにするには,太郎でもっとレベルの低い敵を相手に同等の測定をする必要があります.

また,レベル差ペナルティがあるとして,それが命中率のように「1レベ差あたり-2%」なのかどうかは,太郎の20%程度の回避率では限界があります.もっと高い回避率のキャラでの測定が必要です.

ということで,馬さんに測定をお願いしました.先ほどメールで結果が届いておりますので,早々に分析したいと思います.

広告

コメント / トラックバック4件 to “回避率と回避値の話(5)”

  1. 馬村馬太朗 Says:

    ダメはレベルが同じ正騎士Cで1500くらいで、格上の上級騎士Eだと4500くらいでした。
    確かにホンテは150代でいくときついんですが160超えて行くとすごい楽に倒せる気がすしますね(*´ω`*)
    ドロップ率も補正はいってるし、、、どうにかして欲しいものですな

    • 次郎宗光 Says:

      馬さん,毎度どーもです.
      せっかくの測定結果,まだ満足に分析できてなくて申し訳ありません.

      格上の上級騎士Eで三倍の被ダメってのは相当なものですね.格上狩りをやらせない理由が良く分からないのですが,考えられるのは

      「大金ぶち込んで超強い装備でバッチリ固めても,サクサクレベルアップはさせないよ」

      ということくらいなんですけどね.プレイバランス考えると,ありそうな理由ですけど,なんだかなぁ.

  2. 馬村馬太朗 Says:

    マフラートカゲの命中値は低いのに回避はかなり低いんですね。
    レベル補正がかなりあるのかな?
    今日測定してて思ったんですがダメもレベル差でずいぶんと補正がかかってるみたいですねー(´;ω;`)
    測定終わって気付いたのですが動画5分とか撮ってから数えればよかったなーと。
    それならタイマーで測れるし積極的に当たりにいけますしねー!
    あっ俺のステは気にしないので貼り付けて大丈夫っすよ!

    • 次郎宗光 Says:

      馬さん,まいどどーも^^

      被ダメもレベル差補正ですか?ん~,最近のメイポの動向を見ると,頑なに格上狩りを拒否していますから,あり得ますねぇ.

      測定に関しては,動画撮像が一番簡単ですね.今回のようなレベル帯の格上狩りは,これで終わりにしようと思います.回避率が30%~70%くらいの測定がメインになると思いますので,またよろです^^


コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。