回避率と回避値の話(1)

うへぇ,しばらく更新してないなと思ったら,前回の更新先月じゃないですか.

お久し振りです.次郎宗光です.なぽさん見てる?イェーイw

 

さて,今日のお題は回避率です.

いやね,最近ずっとサブローとカンナやってるんで,回避率はどうでも良かったのですが,馬さんがいきなり無茶振りしてきたので(ハヤトの回避率なんか(細かくは次郎sに・・・),まあ,書いてみようかな,というところです.こういう無茶振り,嫌いじゃないですw

 

◆回避率はマイナーネタ

 

どちら様も命中率については細かい記事があるのですが,それと比べると回避率に関する記事はあまり見当たりません.メイプルストーリーって,

 

攻撃こそ最大の防御

 

を地でいってるゲームですので,防御のことを深く考える人が少ないのは妥当なところです.魔職の一次スキルに防御力がUPするマジックアーマーというスキルがありますが,見事に捨てスキルでした.ただ,同じ一次にもっといらないエナジーボルトがあったため,みなさんマジックアーマーにSP割いていたってところですね.SP消費しきらないと二次スキルにSP振れないですから.

それでもBB後,防御力に関しても変更がかかり,BB前よりは防御力の価値が上がったとされています.まあ,被ダメの計算式が満足に明らかになっていないので,どれくらい価値が上がったのか,よく分からないんですけどね.

そんな背景がありましたので,回避についても(これも一種の防御ですから)あまり関心がなかったと言いきっても問題ないでしょう.

しかし,財前さんがシャア専用回避賊を提唱するなどしてまして,まったく関心がなかったわけでもありません.

ただ,最近,というか,ファントムやハヤトが実装されてから,回避について関心が高まってるのは次郎も実感しています.

 

◆回避値?

 

回避値とは,ステータスの一項目です.

ステータス一覧 図:ステータス一覧

あんまりステータス晒しとかする気はないのですが,ギルクエ用のLv30キャラで,これ以上育てることもないキャラなので,晒しますね.

べっ別に恥ずかしくなんてないんだからねっ///

気になるのは,等級10ってところです.なんですかね.随分前から等級がついてますけど,これって増えたり減ったりするんでしょうか.10ってのは当然低い値になるわけですが,MAXだとどれくらいなんでしょうね.つか,何なの??

後,人気がいつの間にか3に増えてました.ギルクエ用に作ったはいいけど,ずっとギルクエできない状態が続いていますので,コソコソとLv30にしたけどお披露目してないんですよ.人気が貰えるクエでもやったんでしょうかね?それとも放置してる間に上げ逃げでもされたんでしょうか.

 

そうじゃなくて!

 

回避値です,回避値.防御力,命中値と並んで回避値があります.これ,昔は命中「率」,回避「率」ってのがステータスにあったのですが,BB後からでしょうか,今では命中「値」,回避「値」と呼称が変更されています.

うちのブログでも過去に取り上げていますが,命中「率」,回避「率」というと,それは割合になりますので,クリティカル(率)と同じく%で表されるものでなくてはなりません.税率とかもそうですね.0%~100%(または,0~1)でなくてはなりません.別にステータスに回避「率」があってもおかしくはありません.クリティカル(率)がステータスに入ってるわけですので,それ自体おかしくもなんともありません.が,回避率140とか言って,140%回避するのかというと全然そうじゃなかったのが問題でした.

だから,ステータスの回避率を回避能力実際に敵の攻撃を回避する確率を実効回避率などと区別しないと,チャットでの会話はともかく,攻略記事は書けなかったのですよ.だって,「自分の命中率と敵の回避率から命中率を計算する」っていう表現になるでしょ?こんな短文ならともかく,込み入った攻略記事だと,この命中率って,つまりどっちのこと?ってなりますもん.慎重に読んでもらえば分かるように書きますけど,読み手の負担を無駄に増やすだけでしょ?そんなの.

ところで,MapleStoryDropさんでは,いまだにモンスターのステータスに命中「率」,回避「率」と書いていますが,これも命中「値」,回避「値」です.これはまあ,根倶村が公式でそう呼んでるんでしょうかね?この件に関してMapleStoryDropさんにケチつける気はありません.

 

◆回避率?

 

ステータスが回避「値」となったわけですが,ハヤトのスキルなどでは回避「率」がUPするものがあるので,回避「値」と明確に異なる概念として回避「率」が登場したことになります.

これはもう,

  1. 回避に関するステータス→回避「値」
  2. 実際に敵の攻撃を回避する割合→回避「率」

ってことです.

たぶん

 

「実際に」敵の攻撃を回避する割合って言い方もずいぶんな言い方でしてね.実際にどんだけの割合で回避するかなんて,実際に回避するまで分からないですから,回避率が20%なら,確率20%で敵の攻撃を回避するってことです.実際に5回に1回回避するかどうかは分かりません.

まあ,書の成功率みたいなものですね.10%の書が10回に1回成功するとは限らないってのと同じです.

んで,たぶん,と書いたのは,日本語の常識から言えばそれに間違いないのですが,そこはそれ,根倶村さんのすることですからねw 全然回避「率」じゃないものを回避「率」って呼んでた事実は無視できません.が,まあ,特に疑う根拠もないので,そういうことにして話を進めます.

回避「率」は,ステータスの回避「値」から算出されるべきものです.今現在,回避「値」と回避「率」の関係が明らかではないので,そのように想像するしかありません.しかし,BB前は,ステータスの回避「値」(当時はステータスも回避「率」でしたが)と,敵の攻撃を回避する確率の関係が明らかにされていました.

ひびきのもえろぐ。 回避率計算式のまとめ

これは,回避率について何かを語ろうとする人には必見の記事です.

ひびき様の結論は,

実際の回避率(%) = 3.6 × 6 × (回避ステータス) ÷ (敵の命中率)

です.この式はBB前に導出されたものですので,今もこの式が成立するかというと,残念ながら

 

しないかも

 

です.

でも,それでも,ひびき様の記事は回避率の解析記事として今も通用します.それは,データ収集方法から解析手法まで全部書いてあるからです.つまり,ひびき様の功績は,回避率の計算式を導出したことだけではなく,回避率の計算式を導出する手法を確立したことにあるのです.どなた様も,ひびき様も記事を読んで真似すれば,今の回避率計算式を導出することができるのです.実に素晴らしい.

まあ,ある程度の分析屋ならひびき様と同じ事を考えるでしょう.誰も思いつかないような独自手法をひびき様が開発したわけではありませんけど,こうやればできるということを分かり易く提示し,それを実際にやり遂げたのは立派な功績です.

くどいようですが,「こうしたら出来るだろう」と考える事と,考えたことを実現する事の間には,いつも冷たい雨が降る超えられない壁があります.ひびき様の功績はもっと讃えられるべきと思います.ま,考える事もとっても大事なので,考えただけの人がいつも必ずチンカス野郎かというと,そうではありませんけどね.

んで,ひびき様の仕事をまとめると

  1. 回避率は,回避ステータスと敵の命中率だけで決まる.
    →レベル差は無関係
  2. 回避率は,90%~100%付近で飽和する.
    →敵の命中率が低くても回避率は100%にならない

ということです.

この2番が重要です.計算式で回避率を計算した結果,100%回避するはずの条件なのに実際は100%回避できなかったというデータがあります.なので「計算の結果,回避率が90%を超えたら90%とする」というようなルールが適用されていると考えられますが.例えば,命中率がレベル差でペナルティくらって上限が抑えられるように,です.

が,実際に上限が何%なのかまでは明らかにされていません.ここを正確に出そうとすると,手間が一桁増えるので難しいところですね.

ところで,回避ステータス(昔の回避率,今の回避値)がカンストすると9,999です.敵の命中率は,雑魚キャラだと最大でも800未満,ボスだと1,800未満くらいでしょうかね.ひびき様の回避率の式が今も正だしいと仮定すると,回避ステータス(つまり回避値)が8,000くらいで回避率は頭打ちというところでしょうか.

まあ,カンストするような人は頭打ちだとかそういうことはどうでも良いのでしょうけど(考えてないからカンストするか,考えていても強すぎてカンストしちゃうか,どっちにしろどうでも良い話ですわなw),回避ステータスだけでも・・・と考えている人は,どこかで回避率が頭打ちになる可能性は考慮した方が良いですね.実際にどこで頭打ちかは分かりません.ひびき様の式が今も通用するかが不明ですし,90%くらいから頭打ちってのもあまり正確な値じゃないですし,頭打ちのルールも今は変わってる可能性がありますからね.

 

とまあ,こんな具合で回避率に関する基礎編はお終いです.

次回,馬さんが投げかけてきた問題に取り組みますが,仮説を土台に仮説を組み立てるという,まさに

 

砂上の楼閣

 

となってしまいます.まあ,自分で検証しないわけですから,口だけ番長になりますわな.

仮説を提示して反論待ち,てなぐあいになるのかなぁ.ん~,書く気失せてきたorz

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。