魔力強化とINT強化について(さわり)

※この記事は,レジェンド以前に書かれた記事です.レジェンド後に通用する場合は十分ご注意ください※

これまで何回か小出しにしてきた話題ですが,もうこれで〆てしまいます.

装備の強化については思うところがあったのですが,潜在装備が実装された時に,それまで温めてきたアイデアが無意味になってしまいました.

今,潜在能力を無視しては装備強化理論は成立しません.潜在抜きで装備強化を語るのは,洗剤抜きで洗濯するようなものです.

でも,次郎は潜在能力については一行も書く気が起きません.なので,今後装備強化について語ることもありません.

ただ,非常に基本的と言うか,入り口についてだけ,触れておきます.

この二つの記事で大雑把に触れてますが,BB前はINTを上げればオマケで魔力がついてきた時代でしたが,今はINTをいくら上げても魔力はオマケでついてきません.BB後,魔力はINTと完全に独立した能力となりました.魔力は魔力でせっせと強化しないと,一つも増えません(記事末尾注※1).

この変更は,魔職にとっては大事件だったわけです.が,魔職以外から見れば

へっ?魔ってそうなの??

ってなもんです.だって,魔職以外で,例えば,賊がLUKを上げれば攻撃力がオマケでついてくるとか,あり得ない話でしたから.まあ,魔法攻撃は魔法の法則に従いますから,物理法則に従う物理攻撃とは別物であってもおかしくないわけで,というか,別物じゃないとおかしいって話でもありますけどねぇ(記事末尾注※2).

で,魔職の攻撃力は

1.0×( 4×INT+LUK )×魔力

となりました(MapleStory wiki*さん,各種攻撃力計算式).この式がすべての基本になります.

他の物理職とほぼ同型の式になったわけですので,これから展開する議論は,他職でも同じように展開できます.ただし,係数の1.0が1.70や1.30になったり,INTがSTRになったりDEXになったりして,魔力が攻撃力になったりするわけですが.

さて.

INTの強化と魔力の強化,どちらが重要かというと,この式から魔力の強化が重要だということが分かります.

  1. 魔力を1強化した時の攻撃力の増加分: 4×INT + LUK
  2. INTを1強化した時の攻撃力の増加分: 4×魔力

となるからです.

極魔でなくても,四次の魔職ならたいてい

4×INT >> LUK

が成立しますので,大雑把,

  1. 魔力を1強化した時の攻撃力の増加分: 4×INT
  2. INTを1強化した時の攻撃力の増加分: 4×魔力

ということで話を進めます.

これはつまり,

魔力を1強化した時の攻撃力の増加分/INTを1強化した時の攻撃力の増加分

= INT / 魔力

ということです.

  • INT>魔力 なら,魔力を強化するべし
  • 魔力>INT なら,INTを強化するべし

という結論は,ここから出てきます.

あまり熱心に装備強化をしていない四次中盤の聖魔の場合,

  1. INTは極魔で800未満
  2. 魔力は200未満

くらいでしょうか.余裕で INT > 魔力 ですから,魔力強化するのがお得って話です.ちゃんと強化している人は,もちろん,この数字を上回ります.でも,よっぽどおかしなステ振りや強化をしない限り,INT > 魔力になります.

つまり,

  • 魔職は常にINT>魔力なので,魔力強化を常に優先すべし

という結論となります.

さて,メイプルストーリーの強化のシステムで重要なのは,強化は強化書を通して行うってことです(潜在は別).存在しない強化書での強化は出来ません.つまり,靴に貼る魔力強化書が存在しなければ,靴を魔力強化することは不可能ってことです.また,強化の回数も決まっています(破産するまでキューブを回せる潜在は別).

ここにメイプルストーリーの装備強化のノウハウがあったわけです.

魔力強化を常に優先ということは,魔力の書を貼れる装備には魔力の書を貼りましょうって話です.

具体的には,魔が盾にLUKを貼るのは残念な強化方法ということになります.UG10のメイプル盾なら魔力の書を10回貼れる計算ですが,イコール10回しか貼れないということを意味します.これが盾の魔力強化の理論上限値となってしまいます.これにLUKを貼ると,限られた魔力強化の機会を失ってしまうことになります.

LUK棒を装備するためにLUKを稼ぐには,魔力の書もINTの書も貼れない装備から,となります.どうしてもLUKが足りなくて盾にでもLUKを貼らなきゃならないというのなら,APをLUKに振って盾は魔力強化するのがお得じゃないでしょうかね?

もっとも,盾の魔力強化書とLUK強化書では入手し易さが全然違います.もちろん,魔力強化書の方が圧倒的に手に入り難いです.UG10のメイプル盾にファム貼りするとして,魔力盾10%書を百枚近く集めるのは簡単なことではありませんから,魔力盾が完成するまでは先にLUK盾を作ってINTを稼ぐという作戦も視野に入れる必要はあります.

耳も魔力がつくので,その魔力を諦めてLUKを貼るのもちょっと残念です.

LUKを貼るなら,魔力も知力も貼れない全身鎧かマントというところですね.

とまあ,昔の攻略はこういう思考展開が一般的だったと思うのですけどね.

潜在装備が実装されたのは別にしても,八周年イベントでどんな防具にも貼れるINTやLUKの書(ただし60%)が出てきたりして,魔力が6だか7だかつく魔力書が出てきたりと,無茶苦茶でしょ(靴に知力強化書貼るなんて,思いもよりませんでしたからねェ).いろいろと考えるだけ無駄のような気もしてきちゃいますねぇ.

なので,装備強化については,次郎はこれ以上深入りしません.

だいたい,低火力で金欠でヘタレな次郎が首を突っ込む領域ではありませんから.

本気でカンストしようとか考えてる人は,もっとちゃんとした装備強化理論を勉強して下さい.うちのへたれブログはお役に立てません.

 

さて.

最後に,とっても重要なことですが,

 

マントの魔力の書は

貼っちゃダメ

 

これが今日のオチですw なんでマントの魔力の書は魔法攻撃力UPじゃなくてMPUPなんでしょうね.というか,MPUPに魔力の書って名前つけるセンスには呆れてしまいます.HPUPの書に攻撃力の書って名前つけるようなもんでしょ.いや,つけても良いんですけどね,全体で整合性取れるようにしないと.

最後なので付け足しておきます.

  • INT5%UPとINT+5はどっちがお得か?

間違いなくINT+5ですね.仮にLUK魔でINTが600だったとしても,INTの5%UPは+30相当です.ということで,%UPがお得です.火力はほぼ5%UPします.

  • 魔力5%UPと魔力+5はどっちがお得か?

四次ならウンコ装備でも魔力は100は超えてます.5%UPなら+5よりは大きくなります.ということで,魔力も%UPがお得です.火力はきっちり5%UPします.

  • INT5%UPと魔力5%UPはどっちがお得か?

これは,どちらも同じく火力が5%UPします.でも,魔力%UPならきっちり5%UPしますが,INT%UPなら5%を微妙に下回ります.よって,魔力%UPがお得です.LUKが大きい程魔力%UPのお得度が上がります.

  • INT5%UPと魔力+5はどっちがお得か?

四次ならウンコ装備でも魔力は100は超えてますので,魔力+5 < 魔力5%UP.とういうことで,INT5%UPがお得になります.魔力が100に近ければ近いほどその差がなくなります.INT5%UPは微妙に火力5%UPに届きませんので,魔力がギリギリ100超え程度でLUK魔だと,逆転の可能性もあります.

基本的に,

魔力%UP > INT%UP > 魔力+ > INT+

の関係が成立します.司教(四次聖魔)ならば,だいたい成立します.

でも,魔力+20とINT3%UPのどっちがお得かなんて込み入った話になると,一般論は通用しません.自分のステータスを見て電卓叩いて計算して下さい.

 


※1

というか,「魔力」「魔法攻撃力」という用語が整理もされずに飛び交っていて分かり難いですね.

「BBで魔力は廃止.物理職の攻撃力と同じ意味で魔法攻撃力という概念を追加.」

といった方が分かりやすい気もするのですが,これでは余計な混乱を招くことは必至ですね><

 

※2

そのへんはシステム設計者の裁量の範囲内ですので,根倶村が

「メイプルストーリーはこのシステムです」

って言えば,我々は,

「そうですか」

としか言えません.プレーヤーには文句を言う権利くらいありますけど,根倶損にだってそれを無視する権利くらいあります.

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。