熟練度と攻撃力

※この記事は,レジェンド以前に書かれた記事です.レジェンド後に通用する場合は十分ご注意ください※

遅々滞々としているかのように見える『当たるかな』プロジェクトですが,決して頓挫しているわけではありません.

これまでに,与ダメの基本式(特に防御率の効果)を明らかにしまして,次はクリティカルの影響について考えを進めています.

ここまで来ると,平均火力でしか話ができなくなりますので,その前振りとして,今回は熟練度について整理しておきます.

熟練度が攻撃力に与える影響については,MapleStory wiki*さんでしっかりまとめられています(該当ページ:情報/各種計算式).この記事も,MapleStory wiki*さんをベースにしています.

 

◆熟練度とは?

 

基本は武器(魔法)を上手に使えるかってことです.

メイプルストーリーで狩りをすれば,同じ敵に同じ攻撃を仕掛けても,毎回与ダメが違います.ある程度の幅で値がばらつきます.これは,ステータスウィンドウを開いて表示される攻撃力が,

xxx ~ xxx

のように幅があるからです.

MapleStory wiki*さんにもある通り,攻撃力の最大値はステータスと攻撃力(!)で決まります.最小値は最大攻撃力と熟練度で決まります.

この攻撃力という用語が大変に分かり難くなってます.武器の補正にある「攻撃力」と,それとステータスから算出される「攻撃力」は,全くの別物なのですが,どちらも「攻撃力」という用語が割り当てられています.区別しなくても混乱しない場合もあるのですが,やっぱり明確に区別したいものです.そこで,ステータスウィンドウに表示される攻撃力は,そのまま攻撃力と呼ぶことにします.武器についてくる攻撃力は「武器の攻撃力」と呼んで区別します.手袋や指輪で補正する攻撃力は,この「武器の攻撃力」です.混乱の恐れがない場合は,どちらも単に攻撃力と呼ぶことにしましょう.

そう区別すると,先程の文章は,

 

  • 攻撃力の最大値はステータスと「武器の攻撃力」で決まります.
  • 最小値は最大攻撃力と熟練度で決まります.

 

と,なります.

さて.

この攻撃力に幅があるのは不自然ではありませんが,当たり前ではありません.歴史を遡れば,ボードシミュレーションゲームで,戦闘の解決に乱数を導入したのがそもそもの始まりでしょうか?その流れでRGPの戦闘解決にも乱数が使用されてます(ビデオゲームのジャンルではシミュレーションとRPGは別ジャンルという扱いですが,広く一般的な分類では,RPGもシミュレーションゲームの一ジャンルに過ぎません).

メイポの攻撃力に幅があるのは,ゴルフで例えればこんな説明になるでしょうか.同じ選手が同じクラブで同じボールを同じ条件で打てば,同じ所に同じ距離で飛んでいきます.でも,これが素人だと,同じ条件でボールを打つことは不可能です.飛んだり飛ばなかったり,最悪空振りすれば飛距離ゼロです.練習を重ねることで,安定した飛距離を出すことが可能になります.それでも,毎回ピッタリ同じ距離を飛ばすなんてことは不可能ですよね?人間ですから.
※よい子のお友達は,ゴルフではピンと来ないかも知れませんね.その場合,野球のバッティングやサッカーのキックを想像して下さいね.

そういうバラツキを熟練度というもので十把一絡げに表現しているわけです.メイプルストーリーでは,武器ごとに熟練度があり,それぞれの職業に見合った武器の熟練度を上げるスキルを二次職で習得可能です.BB前は,プログレス(progress)という名前でしたけど.BB後,プログレスは廃止され,マスタリー(mastery)というスキルが以前のプログレスの代わりに導入されました.なんでか知りませんけど,一部の職では引き続きプログレスって名前のようですけど.

特定の職業は熟練度は%で表現します.100%なら毎回同じMAXの与ダメが出ます.0%なら0からMAXまでの幅でバラツキます.メイプルストーリーでは,攻撃力算出の段階でこの熟練度が入ってきます(※補足1).

 

  • 最大攻撃力 = 攻撃力
  • 最小攻撃力 = 攻撃力×熟練度

 

あくまでも武器の熟練度ですから,斬賊はプログレスで短剣の熟練度が上がりますが,片手剣を装備した場合はこの上がった熟練度は反映されず.最低の熟練度が適用されます.魔は武器の熟練度ではなく,魔法熟練度ということになっています(※補足2).

そして,実際の攻撃力は,この最大値と最小値の範囲内でバラツキます.

 

◆熟練度と攻撃力

 

次に熟練度の具体的な値を見てみます.

表:職業分類ごとの熟練度

職業分類 基本熟練度
(マスタリーなし)
熟練度
(マスタリーMAX)
近接職
(戦斬拳)
20% 70%
遠距離職
(弓投銃)
15% 65%
魔職 25% 75%

 

ただし,プログレスも併せてマスタリーと表記します.

どの職もマスタリーをMAXにすると熟練度が50増加します.ただ,弓使いは特別で,四次で熟練度を70%まで上げるスキルを習得可能です.

例えば近接職の場合,熟練度が20%なので,

 

  • 最大攻撃力 = 攻撃力
  • 最小攻撃力 = 攻撃力×20%

 

職によって差がありますが,マスタリーがMAXになる二次職序盤~中盤では,実力の二割程度しか発揮できない時もあるってことです.酷いバラツキですね.

では,平均攻撃力が熟練度によってどう変わるかを見てみます.

近接職でマスタリーなしの場合,最小攻撃力は最大攻撃力の20%しかありません.これを平均すると,

 

  • 平均攻撃力 = (最大攻撃力 + 最小攻撃力) ÷ 2

 

最大攻撃力を100%とすると,120%÷2=60%.平均して最大攻撃力の60%,つまり,実力の半分程度しか発揮できてないという結果です.これをタのケースでも計算すると次のようになります.

表:平均攻撃力
(最大攻撃力を100%に換算)

職業分類 平均攻撃力 
(マスタリーなし)
平均攻撃力
(マスタリーMAX)
攻撃力増加
近接職
(戦斬拳)
60% 85% 1.42倍
遠距離職
(弓投銃)
57.5% 82.5% 1.43倍
魔職 62.5% 87.5% 1.40倍

 

熟練度と平均攻撃力 図:熟練度と平均攻撃力

んで,マスタリーがなしとMAXとで,平均攻撃力がどれほど増えるかを計算すると,1.4倍程度ということが分かります.
弓が熟練度を70%までUPさせてる場合.四次スキルですからコンバットオーダーの恩恵を受けて,最大72%まで上がります.この場合,攻撃力増加は1.50倍にも達します.というか,魔の熟練度75%ってのがスゴ過ぎw まあ,どこかでバランス取ってるんでしょうけど.
弓だけでなく,ダークナイトのダークスピリット,パラディンのアドバンストチャージも熟練度を上げてくれる四時スキルです.ダークスピリットは最大で熟練度は90%(コンバットオーダーで94%)まで上がります.アドバンストチャージは,仕様の表現が違っていて分かり難いですが,こちらも熟練度は90%(コンバットオーダーで94%)まで上がるようです.

したがって,二次職の多くが平均火力の増加を期待して,二次の攻撃スキルに1だけ振ったら次は優先的にマスタリーを上げるのが推奨されてるわけです.ただし,例外があります.二次の攻撃スキルの火力増加がマスタリーによる平均攻撃力増加を上回る場合,攻撃スキルをMAXにする方が優先されます.例えば火魔(1.56倍)や氷魔(1.73倍)なんかがそうですね.

ただ,マジックマスタリーは魔力も10増えますのでね,氷魔はともかく,火魔だとマスタリー先上げとトントンかなのではないかと思いますけどねえ.二次転職直後ですから,魔力が150とか200とか行ってる人はそう多くないでしょう.魔力が100だとすると,それだけで10%UPですよ.熟練度で1.40倍,魔力+10で1.1倍とすると,相乗効果で.1.54倍ですからね.トントンでしょ.魔力100弱がだいたいの境目でしょうか.

まあ,二次職の前半なんて,皆さんモンカニやって,数分で1レベアップしてるわけですから,ゴチャゴチャ考えてる暇があったらモンカニで一試合でも多くこなした方がお得ですよって話になってしまいますけどね.


 【補足1】

BB後,最小攻撃力を計算式に熟練度が入ってくる位置が微妙に変更されています.この変更で,最小攻撃力がBB前よりいくらか小さく計算されるようになったようです.でも,BB後の計算式の方がすっきりして分かりやすいので良いと思います.それに,戦闘システムが大幅に変更されているので,「最小攻撃力がBB前よりいくらか小さく計算されるようになった」かどうかなんて,単純に比較できるものでもありません.

 

 【補足2】

昔話になってしまいましたが,BB前には魔にはプログレスというスキルが存在しませんでした.攻撃スキルの能力は,

  • 基本攻撃力105、熟練度60%
    (シャイニングレイMAXの場合)

なんてな風になってまして,スキルレベルが低いと攻撃力と熟練度の両方が低く,スキルレベルとともに,攻撃力と熟練度が上がって行きました.物理職とは違って,武器はマジックアイテムの一部ですから,武器の熟練度っていう考え方は馴染みません.個々の魔法毎に熟練度があったわけです.

BBで魔力の扱いが大きく変更されて,魔力が個人の能力ではなく武器の能力になってしまったっていうのはどうにも馴染めません.杖とか棒とか,単なるマジックアイテムです.あれば魔力は増大するにしても,んなもんなくても,魔法使いは自分の魔力で魔法を使えます.マジックアイテムがなければ魔力ゼロって,やっぱりおかしいです.

とはいえ,攻撃の与ダメが単純で分かり易くなりました.他職との比較もできるようになりましたし.それはそれで大変ありがたいことだと思いますがね.

どっちにしろ,魔法なんて実在しないんだしw

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。