ブログエディタ:Windows Live Writer

「Zoundry Ravenの評判が良い件について」というタイトルで記事を書いていましたが,Windows Live Writerと比較しようと思ってWindows Live Writerについて書いていたら,それだけで結構な分量になっちゃったのでWindows Live Writerの記事として独立させることにしました.

次郎はWindows Live Writerを一年以上使い続けてきました.ばっちり使いこなしてるとは言いませんが,使いこんだ感想はリアルで真に迫るものがあると自負しています.

ソフトウェアのスクリーンショットを並べて,ダウンロードとインストールの方法とちょっとした使い方だけを紹介したブログ記事って結構ありますよね?その中には中身のない紹介記事もみかけます.

 

使ったことないだろ

 

絶対に!

 

と,思ってしまう記事ってありますよね?うちはそういうことはありません.逆に,そういう記事を読めば分かることは面倒くさいので省略しています.

 

◆Windows Live Wirter

 

図:WLW

うちが使ってるのはXP版ですから,β版でしたっけね.Build 14.0.8117.416 jaの内容です.Vista,Win7の方は,最新版を使うことができます.最新版になって不便になったこともあるみたいですけど.

 

図: WLWの配布元

こいつの吐くソースコードは,正直,好きな方ですね.やるじゃん!Microsoft.WordPressの場合は,ノーマルの<p>タグは全部削ってしまうので,あんまり意味ないかも.まあ,タグの心配はブロガーのする仕事じゃないですがな.

◆画像の挿入

画像の貼り込みも便利です.サムネイル作成もやってくれますし,透かしも入れられるし,影もつけてくれます.本体がそういう機能持ってなくても,プラグインでもそういう機能提供されてますし,もうワンランク上の演出をしたければ,それなりのフリーウェアを探さなくてはなりません.けど,本体の機能でそこそこできるので,そこからさらにワンランク上を目指さなくても良いってのはありがたいですよ.MapleStoryやってるブロガーは,やっぱSS貼りたくなるでしょうから,便利で良いと思います.

ただし,(Alt+)Print Screenで画面のキャプチャし,ペイントに貼ってファイルに保存する人も多いと思いますが,ペイントのデフォの保存形式はBMPで,これはWLWには取り込めません.PNGくらいで保存して下さい.ここまではブログエディタはどれも同じだと思うのですが,がっつり画面をキャプチャして,とりあえずBMPで保存しておいて,後から整理してPNGに変換してブログに貼ろうかな?ってことをする人は気を付けてください.たとえば,”a.bmp”をペイントで開いてPNGで保存すると”a.png”というファイルができます.つまり,”a.bmp”と”a.png”という拡張子の違う同じ名前のファイルが同じフォルダに出来上がるのですが,WLWで”a.png”を選んで挿入しようとしても挿入できないことがあります.”a.bmp”を消すか別のフォルダに移してしてしまえば問題ありません.

最初からSS用のツールを使うのがお勧めですけど,今回はそっち系のツールの紹介は割愛します.

図:WLW画像の追加 図:画像の追加

 

◆リンクの挿入

ハイパーリンクの追加機能も,いつも使うリンクを登録しておけるのが嬉しいです.馬さんとか,Holithy☆さんとか,一回登録しておけば次はリンク張るダイアログ開いたら自動でURLがセットされます.自動なんだから,本文に入力した時点で自動でリンク張ってくれても良いんですけどねぇ.

ただし,ブログでリンクは張ったことがないし張る予定もない,リンクは張るけど同じ単語にで同じリンクを毎回張るという使い方はしない,という人の方が多いと思います.そういう人にはどうでも良い機能ですね.

図:WLWリンク追加機能 図:リンクの追加

◆表の追加

Table作成機能は,ちょっと使い難いです.幅がピクセル指定なんです.最初に指定しないとTable作れない.デフォはautoだろ,普通.Excelの列幅変えるようなマウス操作で列幅変えられますけど,<td>タグ毎にwidth指定が入っちゃうんです.どんな嫌がらせだよ.先頭の一行だけで十分だろが.autoにするのは面倒くさいです.

TableだけはKompoZerで作成してWLWに貼る人もいるそうです.次郎はWLWでTable作って,テキストエディタにコピペして,<td>タグのwidth属性を書き換えて,WLWに戻しています.以前良く書いていたギルクエ第三段階の攻略表なんかは行数も多いので,テキストエディタで処理しないとやってられません.

複雑な段組をブログでやろうなんて考えませんが,たまに気に入らないソースを吐くときがあるので,言うことを聞かないときはタグを直打ちした方が早いです.というか,エディタにケチつけてないで自分でタグ打てば良いんですよ.それですべて丸く収まります.それが面倒ならタグ生成マクロでも何でも自分で書けば良いです.

つか,これはTalbe作成機能とは無関係に,検索置換機能が貧相だって話です.

図:WLW表作成機能 図:表の追加

◆検索機能

よく見たら,WLWには置換機能がなかったです.舐めてんのかと.メモ帳以下だろ.

図:WLW検索機能  図:検索機能

まあ,検索置換機能は”テキスト”エディタの仕事であtって,”ブログ”エディタの仕事ではなかろうという意見も一理あります.つか,その通りです.テキストエディタにあれこれ求める人は,自分のお気に入りのテキストエディタがあって,それをギンギンにチューンして使ってるわけですよね?その使い勝手をブログエディタに求めるのは無理ですって.当たり前でしょう.なら,下書きはお気に入りのテキストエディタで書けば良いじゃないですかっつー話ですよ.

実際,置換機能は普段から頻繁に使う機能ではありません.一つの記事って,そんなに長くないですからね.だから,Table作成機能がまともに機能していれば,検索置換機能が多少貧相でも気にならないのですがね.

◆その他の機能

後は,Table作成機能も含めてプラグインがいくつか出てます.たくさんという程じゃないですけど,十分だと思います.

その他,WordPressやBloggerみたいに,ブログ記事の他に固定ページを置けるサイトもありますよね.WLWは固定ページを作成したり編集したりもできます.WLSpaceでは固定ページが無かったので,WLWにそういう機能があることすら知りませんでしたけど.トラックバック追加したり,スラッグや投稿者も指定できたりと,使ったことも使う予定もない機能もあります.

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。