ギルクエ―第三段階攻略(5)

※この記事は,ルネサンス以前に書かれた記事です.ルネサンス後に通用する場合は十分ご注意ください※

シリーズ第四回で止まっているギルクエ-第三段階攻略記事ですが,止まっていたのはブタの攻略情報の整理がつかなかったからです.

というのは建前で,サブローを四次転職したり,バトルメイジ三次転職してリング貰ったり,連合のイベント(ジャクム,ビサス,ウサクエ etc.)が楽しかったりと,まあ,ありていに言えば飽きたってことですね.連合でギルクエができればきっとそれも楽しいんでしょうけど,ジャクムも楽しいですからね.

とはいえ,やはり攻略情報が整理つかなければ,記事の書きようもないわけで,建前とはいえ,そこがボトルネックです.ところが,

先日,青椒肉絲食べながら「うわぁ,ピーマン火通し過ぎだよ~色も悪いしシャクシャクしねーよ」と思った時に閃きました.人間いつ何時閃きが訪れるかわかりませんね.その閃きを頭の中で転がしておいて,今日シミュレーションやって,実際にうまくいくことを確認しました.

おりしも,連合イベントにギルクエも組み込まれたこともありますし,とっとと第三段階の記事は片付けてしまいたいところです.他にもギルクエについて書きたいことがたくさんあるんです.愚連隊のタコさんやフリーさんにいろいろ教えて貰って何とかクエを進めていますが,そろそろ自立したいので,自分の経験をまとめた攻略記事を書きたいんですよ.

ま,それはさておき,実は第三段階攻略アプリの作成も視野にいてれます.

あ~言っちゃった><

視野に入っていることは事実ですが,ロックオンしてません.どうなるか保証はしませんよ??

 

■8.ブタの攻略

 

攻略法=分類法だという話を前にしています.実にその通りで,ブタの攻略も分類で決まります.

ブタは24通りあるのですが,これを四手で解くには一手あたり三パターンに分ける必要があります.二パターンの分類では,

24/2/2/2 = 3 > 1

ということで,三手目で目途が立たないばかりか,五手ないと1パターンに絞り込むことが不可能です.

これを一手あたり三パターンに分けると

24/3/3/3 = 0.89 < 1

だいたい三手目で目途が立ちます.そのためには,ダミーを効果的に使ってパターを絞り込まなければなりませんし,ヒントの履歴もみて総合的に判断する必要も出てきます.

表:ブタの攻略.第一手.
  第一手
○○▲▲
○★▲□ 2-0-2
○★□▲ 2-0-2
★○▲□ 2-0-2
★○□▲ 2-0-2
○□▲★ 2-0-2
○□★▲ 2-0-2
□○▲★ 2-0-2
□○★▲ 2-0-2
○▲□★ 1-1-2
○▲★□ 1-1-2
▲○□★ 1-1-2
▲○★□ 1-1-2
□★○▲ 1-1-2
□★▲○ 1-1-2
★□○▲ 1-1-2
★□▲○ 1-1-2
★▲○□ 0-2-2
★▲□○ 0-2-2
▲★○□ 0-2-2
▲★□○ 0-2-2
□▲○★ 0-2-2
□▲★○ 0-2-2
▲□○★ 0-2-2
▲□★○ 0-2-2

 

最初の一手は「○○▲▲」です.これできれいに8通りずつの三パターンに分かれます.これはどういう分類かというと,

  1. 左半分に○があり,右半分に▲がある.
  2. 左半分に○と▲がある,または,右半分に○と▲がある.
  3. 左半分に▲があり,右半分に○がある.

この三パターンとなります.

それぞれに名前を付けたいのですが,ちょっといい名前が浮かびません.特に二番目が.でも,名前がないと先に進まないので,見た目でこんな前を付けてみました.

  1. ○――▲
  2. ○▲
  3. ▲――○

どーも分かり難いですね.まあ,仕方ないので先に進みます.1番目の「○――▲」と 三番目の「▲――○」は,似たような攻略で進みますので,順番としては,この二つを先に紹介し,二番目の「○▲」を最後に紹介します.

 

■8-1.○――▲の攻略

 

各パターンごとに攻略を分けて記載します.そうでないと表が見にくくなるからです.基本的には,一手毎に三パターンへ分類していく,という方針に変わりはありません.

 

表:ブタの攻略.○――▲の第二手.
  第一手
○○▲▲
第二手
○□□○
○★▲□ 2-0-2 1-1-2※
○★□▲ 2-0-2 2-0-2
★○▲□ 2-0-2 0-2-2
★○□▲ 2-0-2 1-1-2※
○□▲★ 2-0-2 2-0-2
○□★▲ 2-0-2 2-0-2
□○▲★ 2-0-2 0-2-2
□○★▲ 2-0-2 0-2-2

 

第二手目で「1-1-2」の結果だったもの(※のついたもの)は,二つに絞れましたから,三手目,四手目で順番に確かめれば確実に正解を得ることができます.

「2-0-2」と「0-2-2」はまだ三つありますが,これを次の一手で三つに分類すれば確定となります.ここからも,二手目の結果によって次の手が変わってきますので,分けて説明します.

まず,二手目の結果が「2-0-2」だった場合.

表:ブタの攻略.○――▲の第三手(1).
  第一手
○○▲▲
第二手
○□□○
第三手
○★□▲
○★□▲ 2-0-2 2-0-2 4-0-0
○□▲★ 2-0-2 2-0-2 1-3-0
○□★▲ 2-0-2 2-0-2 2-2-0

 

三手目で運が良ければ正解です.外しても,外した結果で「○□▲★」と「○□★▲」のどちらかが確定しますから,四手目で正解を出すことができます.

次に,二手目の結果が「0-2-2」だった場合.

表:ブタの攻略.○――▲の第三手(2).
  第一手
○○▲▲
第二手
○□□○
第三手
★○▲□
★○▲□ 2-0-2 0-2-2 4-0-0
□○▲★ 2-0-2 0-2-2 2-2-0
□○★▲ 2-0-2 0-2-2 1-3-0

 

これも,三手目で運が良ければ正解です.外しても,外した結果で「□○▲★」と「□○★▲」のどちらかが確定しますから,四手目で正解を出すことができます.

 

■8-2.▲――○の攻略

 

三番目の「▲――○」の攻略を先に紹介します.これも同じように進めます.二手目で三パターンに分けて絞り込みます.

表:ブタの攻略.▲――○の第二手.
  第一手
○○▲▲
第二手
▲□□▲
★▲○□ 0-2-2 0-2-2
★▲□○ 0-2-2 1-1-2※
▲★○□ 0-2-2 1-1-2※
▲★□○ 0-2-2 2-0-2
□▲○★ 0-2-2 0-2-2
□▲★○ 0-2-2 0-2-2
▲□○★ 0-2-2 2-0-2
▲□★○ 0-2-2 2-0-2

 

第二手目で「1-1-2」の結果だったもの(※のついたもの)は,二つに絞れましたから,三手目,四手目で順番に確かめれば確実に正解を得ることができます.

二手目の結果が「0-2-2」だった場合.

表:ブタの攻略.▲――○の第三手(1).
  第一手
○○▲▲
第二手
▲□□▲
第三手
★▲○□
★▲○□ 0-2-2 0-2-2 4-0-0
□▲○★ 0-2-2 0-2-2 2-2-0
□▲★○ 0-2-2 0-2-2 1-3-0

 

三手目の結果で正解が確定しますので,次の四手目で正解を得ることができます.

二手目の結果が「2-0-2」だった場合.

表:ブタの攻略.▲――○の第三手(2).
  第一手
○○▲▲
第二手
▲□□▲
第三手
▲★□○
▲★□○ 0-2-2 2-0-2 4-0-0
▲□○★ 0-2-2 2-0-2 1-3-0
▲□★○ 0-2-2 2-0-2 2-2-0

 

これも三手目で正解を特定できますので,次の四手目で正解を得ることができます.

 

■8-3.○▲の攻略

 

さて,最後になりますが,これがちょっと面倒くさいです.きれいに分類できるものを分類しきって,最後に分類しきれずに余ったものを,とにかく,無理矢理でも何でも分類してやろうとした結果です.名前を付け難かった理由もこれですね.分かり易さは微塵もありません.

表:ブタの攻略.○▲の第二手,第三手.
  第一手
○○▲▲
第二手
★□□▲
第三手
○▲□○
○▲□★ 1-1-2 1-2-1 3-0-1¶
○▲★□ 1-1-2 0-3-1 2-1-1¶
▲○□★ 1-1-2 1-2-1 1-2-1
▲○★□ 1-1-2 0-3-1 0-3-1
□★○▲ 1-1-2 1-2-1 0-3-1
□★▲○ 1-1-2 0-3-1 1-2-1
★□○▲ 1-1-2 3-0-1※
★□▲○ 1-1-2 2-1-1※

 

二手目の結果が「3-0-1」と「2-1-1」だったもの(※がついているもの)は,この時点で正解が特定できてます.第三手目の結果が「3-0-1」と「2-1-1」だったもの(¶がついているもの)も,その時点で正解が特定できています.

残りの四パターンについても,二手目と三手目のヒントを比べれば「1-2-1」→「1-2-1」なら「▲○□★」,「0-3-1」→「0-3-1」なら「▲○★□」のように特定することができます.したがって,最後の四手目で正解を得ることができるわけです.

 

ということで,無事にブタの攻略も完成しました.

でも,全然分かり易くないですよね.特にワンペアの途中から.

誤解して欲しくないのですが,ギルクエ第三段階の攻略は,パターンを暗記するか表を見ながらでないと攻略できないものではありません.

3カード,2ペアの説明みたいに,「ここでこういう結果が出たという事は,これこれはあり得ないから,これとこれに絞り込まれます.次の手でこういう結果がでたら,つまり,正解はこれです.」という理屈がちゃんとあります.やみくもに記号を並べて暗記する必要はありません.というか,本来そういうものでは決してないのです.

ただ,ただでさえ複雑なブタの攻略の一つ一つに理屈をくっつけてると,それはそれで面白く楽しいのですが,まあ,誰も読んじゃくれないでしょう.

特にギルクエの実戦で使うことを考えると,素早く正確に正解を出すための補助が求められているのであって,そのためには記号化して手順を表にするのが一番良い方法なのです(アプリにしろという話もありますが).

それが「役に立つ」という世界です.

もちろん,理屈を考えて整理するのは無駄じゃありませんし,何よりも,とっても楽しい事です.それは否定しません.それに,そういう記事を期待してくれる方も少なからずいるでしょう.でも,ここでは先に述べた「素早く正確に正解を得るために役に立つもの」を優先して取り上げたいと思います.

そういう視点でみると,これまで書いてきた記事は「役に立つ」というレベルからは少し遠いような気がします.

なので,これで一段落ではありますが,さらに整理してまとめ方を工夫していこうと思います.


ギルクエ第三段階攻略記事のインデックスはこちらからどうぞ.

特集:ギルクエ第三段階賢者の噴水攻略

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。