ギルクエ―第三段階攻略(2)

※この記事は,ビッグバン以前に書かれた記事です.ビッグバン後に通用する場合は十分ご注意ください※

前回,フォーカード,スリーカード,ツーペア,ワンペア,ブタに分類するところまでやりました.今回はその続きです.

■4.フォーカード攻略

 

えぇ~,フォーカードの攻略は必要ありませんよね?パス,パス.

 

■5.スリーカード攻略

 

スリーカードは,全部で四通りあります.

「○○○▲」,「○○▲○」,「○▲○○」,「▲○○○」

パターン確定まで3手使ってますから,残り4手あります.順番に確かめていけば,最短1手,最多4手,平均2.5手で正解にたどり着きます.

まあ,これはこれで十分かと思いますが,もう少し頭を使ったっぽく見えるやり方もあります.

表:スリーカードの攻略
  ★★▲▲
○○○▲ 1-1-2
○○▲○ 1-1-2
○▲○○ 0-2-2
▲○○○ 0-2-2

最初の一手で,存在しないことが分かっている★(□でも可)を投入しています.これで,▲が左半分にあるのか,右半分にあるのかが特定できるというわけです.▲が右半分にあると決まれば,つまり,▲は右から一番目か二番目のどちらかにあることになりますから,続く二手目,三手目で▲を一番目,二番目として試せば,どちらかが正解というわけです.

実例を挙げて説明します.「勲章のスリーカードと書」であることが分かっているとします.

  1. 「酒酒書書」を試します.
  2. 一つ正しければ,書は右半分にあります.次の手で「勲勲勲書」を試します.これで正解するかもしれませんが,正解できなくても正解が「勲勲書勲」であることが確定するので,その次の手で正解になります.
  3. 一つも正しくなければ,書は左半分にあります.次の手で「勲書勲勲」を試します.これで正解しなければ,「書勲勲勲」が正解です.

このやり方だと,最短2手,最多3手,平均2.5手で正解にたどり着きます.最初に示した全て順番に確かめる方法と比べて,確実に3手以内で終わるというメリットはあります.が,確実に2手以上必要です.1手で終わらせるチャンスを失う代わりに4手使うリスクを減らしています.が,結局のところ平均2.5手かかることは変わりありません.

何度も述べた通り,パターン確定まで3手以内ですから,残りは必ず4手以上です.仮にここで4手使っても,手は必ず足ります.なのでどちらが優れた方法ということもありません.まあ,好きな方でやれば良いと思います.

わたくし個人の趣味からすると,泥臭い前者の方が性に合ってますが.

ツーペアの攻略は次回に紹介します.

(つづく)


ギルクエ第三段階攻略記事のインデックスはこちらからどうぞ.

特集:ギルクエ第三段階賢者の噴水攻略

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。