攻撃力

※この記事は,ビッグバン以前に書かれた記事です.ビッグバン後に通用する場合は十分ご注意ください※

攻撃力の計算式は,もうお馴染みかと思いますが,以下の通りです.

最小攻撃力: ( LUK × 3.6 × 0.54 + STR + DEX )× 総攻撃力 ÷ 100
最大攻撃力: ( LUK × 3.6 + STR + DEX ) × 総攻撃力 ÷ 100

※ただし,熟練度はプログレスMaxの60%として計算しています.

総攻撃力と最大攻撃力って何がどう違うんだ?と疑問を持つ人もいるでしょう.総攻撃力とは,武器の攻撃力と装備の攻撃力補正をすべて合算したものです.それとステータスが絡んできて,実際に敵に与えるダメージを算出する時に使える「攻撃力」が得られます.

さてさて,よく「レベルが低いうちは,攻撃力上げるよりLUK上げた方が良い」と言われています.レベルが低いと言われましても,具体的にどの位のレベルが「低いレベル」なんでしょうか.最大攻撃力を例にとって計算してみましょう.

LUKを1上げたときの最大攻撃力の変化量: 3.6 × 総攻撃力 ÷ 100
総攻撃力を1上げたときの最大攻撃力の変化量: ( LUK × 3.6 + STR + DEX ) ÷ 100 ≒ 3.6 × LUK ÷ 100

総攻撃力を1上げたときの最大攻撃力の変化量に注目すると,斬のステータスは,

LUK > DEX >> STR

なので,ある程度のレベルに達した斬では,( 3.6 × LUK ) の項が支配的になります.マスターシーフの私の場合でもすでに

LUK >> 総攻撃力

ですから,確かにレベルが高いと攻撃力強化の方が効果的ということは分かります.それでは,どこまでレベルが低いとLUK強化の方が効果的なのでしょうか.

ざっくり計算では,総攻撃力(=武器攻撃力+攻撃力補正)がLUKと同程度くらいが分岐点の目安になります.総攻撃力がそれよりも高い場合,LUKの強化の方が効果的ということになります.

斬のLUKはガンガン上がります.二次転職をするLv30までには,たいていの人でLUKが100を超えます.一方,そのレベルで総攻撃力が100を超えることはまずあり得ません.ということは,Lv30でも既にLUK強化の方が効果的ということです.

近似計算に不慣れな人もいるでしょうから,具体例として,Lv30でリーフクローを装備している状態を考えましょう.リーフクローの装備条件は,Lv30とDEX60です.INTとSTRにはいっさい振らず,リーフクローの装備に必要な分だけDEXに投入すると,LUKには102振れます(自動配分してると,たぶんこうなります.上級者はもっとDEXを抑えるでしょう.上記の値は,入門者的なステ振りとなります).んで,リーフクローの攻撃力は+45です.

これ以上説明は不要でしょう.LUKの方が高いですね.軽く二倍以上.

つまり,遅くても二次転職するレベルになれば,攻撃力を強化する方が効果があるということです.

というか

 

総攻撃力>LUKって,

 

斬じゃねぇしw

 

ごくごく常識的に考えて,攻撃力の強化はどんなレベルでもLUK強化よりも効果的だということです.

しかし,攻撃力を上げるのにかかる費用とLUKを上げるのにかかる費用とでは,随分と違いがありますので,単純に上の計算だけで「低レベルから攻撃力を強化すべし」という結論に飛びつくことはありません.

それに,二次転職まではグルクエやったり何だりで,サクチケ無しでもサクサクレベルが上がりますから,強化品探してフリマうろついてる暇があったらグルクエでも狩りでもしてレベルアップした方がお得というか手っ取り早いような気がします.

レベアップ一回でLUK+5ですからね.ずっと効果的だと思いますよ.

広告

コメントを書く:匿名のコメントも歓迎しますが,名前欄が空欄だと自動的に承認待ちになってしまいます.名前欄には,なるべく文字を入れて下さい.

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。